家族みんなが快適に住める新築一戸建て一覧

模型を持つ人
このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫県で家を建てる

積み木

どこで建てるかが重要

兵庫県の県庁所在地である神戸市で注文住宅を建てる場合、どの地区に建てるかしっかりと検討しなければいけません。神戸市と言えば三ノ宮が中心の港湾都市です。阪神淡路大震災の中心地域となった場所で、地震後に耐震性を強化したことで知られています。三宮周辺は交通網が発達しており、私鉄、JR、地下鉄が乗り入れ、市営の市内循環バスも走っており、新幹線新神戸駅までは地下鉄が繋がっています。このような便利な地区でも問題は多く、中央区の地価の高騰や駐車場利用金額の高さが目立ちます。神戸は海側と山側に分かれており、東西の移動はスムーズでも南北が傾斜があるため、徒歩では大変です。駅や会社、お買い物スポットまでの動線を考えて土地を探しましょう。

正しい業者選びとは

神戸で注文住宅を建てる場合、神戸市内で実績の高い業者を選ぶことが良いです。神戸市で震災被害を受けたとき、木造の注文受託の被害が少なかったというデータがあります。また、地元の業者であれば、震災被害の少なかった地区を熟知しています。神戸市は外国人居住者も多く、三宮や夜の街東門街などの近くは、トラブルも多い地区です。神戸で最適な場所を探してくれる、確かな技術力を持った業者に依頼することが良いです。注文住宅は建売に比べて費用が高くなる傾向があります。大手のハウスメーカーは、宣伝費や人件費に費用を掛けているため、地元中堅・小型企業の方が、質の良い注文住宅が購入できるでしょう。「神戸」「注文住宅」というキーワードで検索してみるのも良いでしょう。