家族みんなが快適に住める新築一戸建て一覧

模型を持つ人
このエントリーをはてなブックマークに追加

郊外の住宅事情

部屋

交通事情も良好

昭和の高度経済成長期には人口100万人を超える大都市が全国に次々と誕生し、増え続ける人口を吸収するために周辺の衛星都市も発達してきました。そうした衛星都市の郊外には大規模なニュータウンも多く開発され、住宅地に付随する形で鉄道路線や道路交通網も整備されているものです。大阪府の東南部に位置する富田林市もそうした例の1つで、市の西部に丘陵を開発した大規模ニュータウンが見られます。富田林市はもともと寺内町として発展してきた経緯もあって、市の中心部には戦国時代から続く歴史的建造物も多く保存されています。古くから栄えてきた市域に対して、西部丘陵地域を切り開く形で形成されたニュータウンでは住宅地も拡大中です。このような郊外のニュータウンには集合住宅よりもゆったりとした生活を実現できる戸建て住宅が多く、交通の便と余裕のある居住環境が両立されています。何かと制約の多い集合住宅と比べ、子育てなどにも有利な戸建て住宅は富田林市に住む人たちの間でも人気を集めています。特に富田林市のニュータウンには新築分譲住宅や中古住宅の物件が多く、豊富な物件の中から好みに合った家が選べる点で恵まれた条件にあるのです。

物件見学もサポート

一般に新築の戸建て住宅を購入するには分譲と注文という2種類の方法があり、注文住宅の場合は土地も自分で用意する必要が出てきます。分譲住宅なら土地付きで購入できるためその手間も省けますが、不動産仲介業者を通じて購入した方が何かとスムーズに運ぶものです。自分でハウスメーカーや工務店などに施工を依頼する注文住宅と違って、分譲住宅ではすでに建築された建売の形で購入する例が大半です。中古住宅を検討する場合と同様に分譲住宅でも事前の物件見学は欠かせませんが、不動産仲介業者を通じて見学を申し込めば売り主との間でスケジュール調節等も代行してくれます。不動産関係の法規にも精通した専門業者を利用すれば、購入に向けた交渉の上でも何かと助けになってくれるものです。富田林市のニュータウンで戸建て住宅購入を検討する場合でも、このような不動産仲介業者と懇意になっていればお得な物件を優先的に紹介してもらえます。戸建て住宅の物件事情は日々変動しており、特に中古物件は掘り出し物がいつ登場するかわかりません。限られたルートにしか流通しない物件に関しても、不動産のプロにサポートしてもらうことで最新情報が入手できるのです。